コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治五右衛門(4代) じごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

治五右衛門(4代) じごえもん

1645-1719 江戸時代前期-中期の蒔絵(まきえ)師。
正保(しょうほ)2年生まれ。3代治五右衛門の長男。元禄(げんろく)元年(1688)加賀(石川県)の清水柳景とともに塗師頭取となる。宝永年間に姓を佐々木から小原にあらためた。享保(きょうほう)4年10月8日死去。75歳。越中(富山県)出身。名は亮好(すけよし)。通称は別に理右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

治五右衛門(4代)の関連キーワード蒔絵正保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android