コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーメン Diemen, Anthony van

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ディーメン Diemen, Anthony van

1593-1645 オランダの東インド会社総督。
1636年総督となる。鎖国を開始した日本との貿易の継続に成功し,1640年にはポルトガル支配下のマラッカを占領するなど,アジアにおけるオランダの勢力拡大につくした。1645年4月19日死去。52歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディーメン
でぃーめん
Anthony van Diemen
(1593―1645)

オランダの植民地経営者。若いころアムステルダムの商人だったが、破産してのちオランダ領東インド(インドネシア)に赴いた。東インド会社に勤務し、総督クーンにその才能をみいだされて秘書となり、さらに上級商務員(1623)、2年後にはインド評議会会員になった。クーンの第2回総督時代(1627~1629)には貿易事務総長として腕を振るい、本社重役会に認められて東インド総督に任命された(1636~1645)。クーンによって基礎を据えられた東インド会社の勢力はディーメンの時代にマラッカ、セイロン島、台湾とさらに拡大し、発展を遂げた。彼はまた探検を奨励し、日本の北方、東方を探り、タスマンのオーストラリア周航を成功に導いた。[栗原福也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ディーメンの関連キーワードラルフ(Jr.) ファーマンアムステルダム島フェルステーヘンアーネムランドタスマニア島タスマニア黒い戦い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android