コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼尻[温泉] ぬまじり

2件 の用語解説(沼尻[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

沼尻[温泉]【ぬまじり】

福島県猪苗代町,安達太良山(あだたらやま)西麓の温泉。含硫化水素酸性ミョウバン緑バン泉など。56℃。1751年の発見と伝え,湯小屋が置かれていた。北東2kmの湯沼のほとりにわく湯元からの引湯で,南西2kmにある中ノ沢温泉とともに登山,スキーの基地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぬまじり【沼尻[温泉]】

福島県耶麻郡猪苗代町,安達太良(あだたら)山西麓の標高約870mの高原にある温泉。含食塩セッコウ泉,56℃。享保年間(1716‐36)の発見と伝える源泉(沼尻湯元)は,かつて水をたたえていた安達太良山噴火口(沼ノ平)の排水口にあたるため沼尻とよばれ,温泉と付近に産する硫黄の採掘権をめぐって会津藩と二本松藩はたびたび争った。明治末年に湯元の南西約2kmの現在地に引湯して沼尻温泉が開設され,1913年の日本硫黄の軽便鉄道(沼尻鉄道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沼尻[温泉]の関連キーワード安達太良山安達ヶ原安太多良真弓いなわしろ淡水魚館奥の松にしあいづばんだい小林栄あだたら菊水栄川

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone