コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼波瓊音 ぬなみ けいおん

4件 の用語解説(沼波瓊音の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

沼波瓊音

本名武夫。明治10年名古屋生。東大国文科卒。筑波会所属。『俳味』主宰。昭和2年(1927)歿、50才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沼波瓊音 ぬなみ-けいおん

1877-1927 明治-昭和時代前期の国文学者,俳人。
明治10年10月1日生まれ。東京帝大在学中,筑波(つくば)会に参加し俳諧(はいかい)を研究。明治44年から「俳味」を主宰。大正11年一高教授,15年日本精神研究の団体瑞穂(みずほ)会を創設した。昭和2年7月19日死去。51歳。愛知県出身。本名は武夫。著作に「俳諧音調論」「俳論史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

沼波瓊音

没年:昭和2.7.19(1927)
生年:明治10.10.1(1877)
明治大正時代の国文学者,俳人。本名は武夫。瓊音は号である。名古屋生まれ。父は鉞之助,母はすぎ。東京帝大国文科卒。在学中に俳句団体筑波会に参加,俳諧研究に努めた。明治44(1911)年,雑誌『俳味』を主宰。『瓊音句集』(1913)には「化粧下手の娘かはゆし秋祭」などの句がある。一時,信仰生活のために文筆を絶ったが,大正11(1922)年,一高教授となり,俳諧史を講義した。同15年,一高の関係者によって日本精神研究のための団体瑞穂会を創設した。著書に『俳諧音調論』(1900),『囀』(1905),『俳論史』(1907),『徒然草講話』(1914),『護法の神 児島惟謙』(1926)などがある。

(古田島洋介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沼波瓊音
ぬなみけいおん
(1877―1927)

俳人。名古屋の生まれ。本名武夫。東京帝国大学国文科在学中、筑波(つくば)会に加わり、史伝、古俳書の研究に専心した。1910年(明治43)『俳味』を創刊し、また東大に俳諧(はいかい)史を講じた。1923年(大正12)の虎(とら)の門事件以後国粋思想に傾き、東大に日本主義の講座を担当、国事を憂えた。一高教授。『俳諧音調論』(1900)、『芭蕉(ばしょう)と其(その)周囲』(1905)の著はよく知られ、『瓊音句集』(1913)がある。
 天の川人の世も灯に美しき[村山古郷]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沼波瓊音の関連キーワード芳賀矢一萩野由之三矢重松国文佐々醒雪岩城準太郎川島つゆ斎藤清衛松田武夫武藤元信

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone