コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俳句研究

デジタル大辞泉プラスの解説

俳句研究

日本の俳句誌のひとつ。1934年に改造社より創刊された、国内最古の俳句総合誌。太平洋戦争中の1944年、当局の弾圧により終刊した後、目黒書店から復刊。その後も出版社を変遷しながら、時折休刊を挟んで刊行が続いたが、2011年8月をもって休刊(休刊時の発行社は株式会社角川マガジンズ)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

俳句研究
はいくけんきゅう

最初の総合俳句雑誌。1934年(昭和9)3月創刊。改造社発行。「刊行の言葉」に「真にいい句作を見るため、いい批評に自分等の詩の頭を肥すためにこの雑誌をつくった」とある。歴代の編集者の意欲的な企画によって、定型、非定型、プロレタリア俳句、新興俳句、連作俳句、有季定型、無季定型などに関する論争を盛んに展開した。新興俳句運動転換の時期には、これに対する中村草田男(くさたお)ら「人間探求派」を育てた。1944年6月、当局の弾圧により終刊。同年11月、目黒書店により復刊されるが続かず、戦後の1952年(昭和27)以後は発行所を俳句研究社に、ついで俳句研究新社、富士見書房、角川SSコミュニケーションズに移して刊行されている。[鷹羽狩行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

俳句研究の関連キーワード松根 東洋城荻原 井泉水勝田 重太朗宮田 戊子星野 麦人石川 桂郎石塚 友二神田 秀夫宇田 零雨市川 一男湊 楊一郎読売文学賞伊藤 松宇高柳 重信折笠 美秋大島 宝水松根東洋城荻原井泉水大野 林火山本 健吉

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

俳句研究の関連情報