コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沽却(読み)コキャク

世界大百科事典 第2版の解説

こきゃく【沽却】

売却すること。中世の土地売却証文は,一般にその冒頭を〈売渡〉〈沽却〉などの文言で書き出すので,〈売券〉〈沽券〉〈沽却状〉などという。平安時代から鎌倉時代前期には,むしろ沽券が一般的といえるが,以後しだいに売券に圧倒されていく。この〈沽〉という語が〈うる〉〈かう〉の両義をもち,小売・小買を意味するという本来の語義を考えると,この用法の変化に売買観念の変質を見ることも可能である。【勝俣 鎮夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こきゃく【沽却】

( 名 ) スル
〔「沽」は売るの意〕
売り払うこと。売却。 「唐絵からえの屛風は…成章に-しにけるとぞ/著聞 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android