コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沽却 コキャク

デジタル大辞泉の解説

こ‐きゃく【×沽却】

売り払うこと。売却

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こきゃく【沽却】

売却すること。中世の土地売却証文は,一般にその冒頭を〈売渡〉〈沽却〉などの文言で書き出すので,〈売券〉〈沽券〉〈沽却状〉などという。平安時代から鎌倉時代前期には,むしろ沽券が一般的といえるが,以後しだいに売券に圧倒されていく。この〈沽〉という語が〈うる〉〈かう〉の両義をもち,小売・小買を意味するという本来の語義を考えると,この用法の変化に売買観念の変質を見ることも可能である。【勝俣 鎮夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こきゃく【沽却】

( 名 ) スル
〔「沽」は売るの意〕
売り払うこと。売却。 「唐絵からえの屛風は…成章に-しにけるとぞ/著聞 11

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

沽却の関連キーワード副状∥添状御成敗式目沽券・估券東市・西市雑務沙汰布施氏安堵著聞津屋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android