コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沿岸捕鯨 エンガンホゲイ

デジタル大辞泉の解説

えんがん‐ほげい【沿岸捕鯨】

沖合・近海・遠洋で行われる捕鯨に対して、沿岸海域でクジラを捕獲する漁業。かつては世界各地で行われていたが、現在は日本だけで行われている。
[補説]昭和61年(1986)に国際捕鯨委員会(IWC)の商業捕鯨モラトリアムが実施されるまで、日本では、母船式捕鯨(捕獲したクジラを処理・加工する設備を備えた母船による遠洋捕鯨)、マッコウクジラニタリクジラなどを対象とする大型沿岸捕鯨、ミンククジラを主な対象とする小型沿岸捕鯨などが行われていた。小型沿岸捕鯨では年間約300頭のミンククジラを捕獲していたが、昭和63年(1988)に同種がIWCの規制対象となり商業捕獲が禁止されたため、現在は規制対象外のツチクジラゴンドウクジラなどを捕獲している。母船式捕鯨・大型沿岸捕鯨は現在行われていない。→小型捕鯨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

沿岸捕鯨の関連キーワード有川[町]コククジラ室戸(市)牡鹿[町]大島〈村〉羽指・羽差和歌山県調査捕鯨牡鹿半島松島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android