コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小型捕鯨 コガタホゲイ

デジタル大辞泉の解説

こがた‐ほげい【小型捕鯨】

小型のクジラを小型の捕鯨船でとること。日本では、国際捕鯨委員会IWC)が大型鯨類として規制するツチクジラゴンドウクジラなどを除いた小型鯨類の捕獲を、太地(和歌山)・網走(北海道)・鮎川(宮城)・和田(千葉)などで行っている。→大型捕鯨
[補説]ミンククジラも小型鯨類として日本では捕鯨の対象だったが、昭和63年(1988)にIWCが大型鯨類に分類して以降、調査捕鯨以外は行われていない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

小型捕鯨の関連キーワードハッブスオウギハクジライチョウハクジラアカボウクジラコビレゴンドウハナゴンドウ指定漁業沿岸捕鯨牡鹿半島太地の鯨補説

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小型捕鯨の関連情報