コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉沢履斎 いずみさわ りさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉沢履斎 いずみさわ-りさい

1779-1855 江戸時代後期の儒者。
安永8年生まれ。朝川善庵(ぜんあん)にまなぶ。文化12年善庵のかわりに常陸(ひたち)(茨城県)に漂着した清(しん)(中国)の邱有斌(きゅう-ゆうひん)を長崎まで護送。翌年伊勢(いせ)(三重県)亀山藩にまねかれ儒官となった。安政2年10月死去。77歳。陸奥(むつ)鹿角(かづの)郡(秋田県)出身。通称は牧太。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

泉沢履斎の関連キーワード儒者

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android