コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法と経済学 ほうとけいざいがくlaw and economics; economic analysis of law

1件 の用語解説(法と経済学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法と経済学
ほうとけいざいがく
law and economics; economic analysis of law

シカゴ学派に由来する法学方法論,法分析手法。 1970年代前半よりアメリカで盛んになり,現在では主要なロー・スクールにはほとんど例外なく講座が開設されている。おもな論者には,シカゴ大学の R.ポズナーエール大学の G.カラブレジなどがいる。大別すると,厚生経済学の理論を端的に法現象に適用しようとする「実証的な法と経済学」と,法制度を設計する際にどのような制度が望ましいのかを厚生経済学の理論を用いて判断していこうとする「規範的な法と経済学」とに分れる。契約法や不法行為法,環境法,経済法などの領域で一定の成果をあげているが,効率の問題には有効であるものの正義の問題については答えられないとして,常に法学と経済学の根底的差異に立脚した批判が加えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法と経済学の関連情報