法儀(読み)ほうぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐ぎ【法儀】

〘名〙
[一] (ハフ:) 法と儀礼。また、法則。法度。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔管子‐兵法〕
[二] (ホフ:) 仏語。
① 行儀。きまり。しきたり。
※正法眼蔵(1231‐53)大修行「仏祖の法儀を軽慢すべからず」
② 僧侶としての姿。法体。
※霊異記(810‐824)中「法儀を生馬山に捨て、慈神彼の金の宮に遷りき」
③ 仏法の儀式。
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)四「先程より法義にかかりまして、御機嫌の程も窺ひませず」
④ 極楽。
※大観本謡曲・身延(室町末)「かの調達が五逆の因に、沈みはてにし阿鼻の苦しみ、終に法儀の台に変ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報