コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山荘 おおやまのしょう

3件 の用語解説(大山荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大山荘【おおやまのしょう】

丹波国多紀(たき)郡の荘園。現兵庫県篠山市大山地区を中心にした一帯。京都東(とう)寺領。綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)の建物売却代金で買得した地を,845年官省符によって立荘,総面積44町余,うち墾田9町余。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおやまのしょう【大山荘】

丹波国多紀郡にあった東寺領荘園。現在の兵庫県多紀郡丹南町。空海の建てた綜芸種智院を売却して手に入れた田舎をもとに,845年(承和12),時の東寺長者実恵により立荘。総面積44町余,うち墾田は9町余で,周囲70丈余の池と野林35町があった。東寺は当荘を伝法会等にあてることとし,荘預・田堵による開発が進められた。検田使を入れ官物・雑役を課そうとする国衙に対し,東寺はそのつど抗議して現作田の免除を獲得したが,1055年(天喜3)の雷火で五重塔が焼亡したころから寺の荒廃が著しく,大山荘もいったん廃絶した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大山荘
おおやまのしょう

平安時代から室町時代にかけて丹波(たんば)国多紀(たき)郡(兵庫県篠山(ささやま)市)に置かれていた東寺領荘園。東寺内部における大山荘支配権は、当初は伝法供家(でんぼうくけ)が握っていたが、平安末期には長者(ちょうじゃ)、鎌倉末期には執行(しぎょう)、ついで供僧(ぐそう)へと移った。大山荘は845年(承和12)太政(だじょう)官符、民部省符によって所当官物(しょとうかんもつ)免除の特権を与えられた官省符荘(かんしょうふしょう)として成立したと考えられる。その後、東寺が荘田を確保しようとするのに対して、国衙(こくが)は現作田を除く荘田を公田化して官物を徴収したため、一時は荘園としての実体を失ったが、応徳(おうとく)年間(1084~87)の東寺塔復旧に際し、その仏供料(ぶっくりょう)などを負担する田地が設定されたことを契機として、1102年(康和4)に大山荘は官物雑役(ぞうやく)免除の一円領として再建された。鎌倉期には、承久(じょうきゅう)の乱後、荘地頭職に中沢(なかざわ)氏が補任(ぶにん)されて勢力を伸ばしたため、1241年(仁治2)に当荘は地頭請(じとううけ)となり、さらに1295年(永仁3)には下地中分(したじちゅうぶん)が行われた。以後東寺方と地頭方とは領主権を分かち、別個に支配が行われることになる。すでに鎌倉末期の1318年(文保2)に当荘内の一井谷(いちいだに)では、年貢納入を百姓が領主に対して直接に請け負う百姓請(地下請(じげうけ))が成立しているが、南北朝・室町期には、このような村落結合を基盤とした農民の対荘園領主闘争が展開し、一方、半済(はんぜい)や荘への守護役(しゅごやく)賦課などに守護勢力の進出がみられる。これに対し、東寺は代官を採用することにより荘支配を維持していたが、永正(えいしょう)年間(1504~21)に、大山荘は丹波土豪波多野(はたの)氏の勢力下に入り消滅するに至った。[伊藤敏子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大山荘の言及

【米】より

…しかし例えば皇室領の一つで,長く持明院統の御領であった長講堂領諸荘園の1407年(応永14)の年貢は,米4140石余に対してほかに雑穀などはなく,油,絹,糸,綿,白布,炭,紙,材木薪,香,小莚(こむしろ),漆があげられている。また1266年(文永3)の東寺領丹波大山荘の領家得分は米200石を主体として麦10石,麦6斗,餅120枚のほか,少量ずつの苧(からむし),紙,布,菓子,搗栗(かちぐり),甘栗,生栗,漆,栃(とち),串柿(くしがき),薯蕷(しよよ),野老,牛房(ごぼう),苟若(こんにやく),土筆(つくし),干蕨(ほしわらび),胡桃(くるみ),平茸(ひらたけ),梨,熟柿,山牛房,糸,油があり,さらに桶類,薦(すごも),続松(たいまつ)などが見られる。荘園領主層の食料が,米を中心とすることは明らかである。…

【年貢】より

…総収穫量に対する年貢の比率は,反別の収穫量がどの程度だったのか明確でないため算出しがたいが,だいたい3割から5割程度だったと推定されている。鎌倉時代の末ごろから,丹波国東寺領大山荘や播磨国東寺領矢野荘などでは,田地を上,中,下の3等級に分かち,それぞれの斗代を決めて年貢を徴収する方法がとられている。1318年(文保2)の大山荘斗代請文によると,上田7斗5升代,中田5斗7升代,下田4斗5升代である。…

【不輸不入】より

立券荘号(りつけんしようごう)の手続を経た官省符荘(かんしようふしよう)でも,不輸租の特権は立券時の見開田(げんかいでん)(当該期すでに開発されている田)に限られた。845年(承和12)の東寺領丹波国大山荘の墾田9町144歩の不輸化は,その早い例である。したがってその後の開発田の不輸化は,あらためて国司に申請して免判を得なければならなかった。…

※「大山荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大山荘の関連キーワード園田多祐丹後官兵多気宮生江息嶋承天波多野清秀波多野稙通波多野元清頼勝

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone