コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法皇山横穴群 ほうおうざんよこあなぐん

2件 の用語解説(法皇山横穴群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほうおうざんよこあなぐん【法皇山横穴群】

石川県加賀市勅使町に所在する横穴群。石川県南部の江沼盆地をのぞむ法皇山塊を中心に営まれ,77基を数える。ただし未確認分などを含めると,総数は200基を下らないという。大正年間に上田三平が一部を発掘して学界に紹介し,1964‐66年に地元の大聖寺高校が分布調査を行って,新たな横穴を発見した。さらに67,68年には,加賀市教育委員会が整備のためにあらためて発掘調査を実施するなど,全容の解明につとめた。軟質凝灰岩の地山(じやま)に掘りこまれ,玄室と羨道(せんどう)とからなるもの,玄室と前室とをもつもの,玄室,副室,前室の3室をもつものなど一様でない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

ほうおうざんよこあなぐん【法皇山横穴群】


石川県加賀市勅使町にある横穴群。動橋(いぶりばし)川の右岸、比高約40mの凝灰岩質丘陵の法皇山と隣接する通称オオカミダニにある。北陸地方最大の横穴群で、1929年(昭和4)に国の史跡に指定され、1978年(昭和53)には隣接する地で新たな横穴の発見があり、名称変更されるとともに、追加指定を受けた。横穴群は、6世紀後半から7世紀末にかけて凝灰岩質の地山を掘り込んでつくられたもので、玄室は前後2室からなり、アーチ形の天井をもつものが一般的である。古い時期には全長9mにおよぶ長大なものが目立ち、終末期には3m未満の小型のものが主となるが、現在、横穴は100基ほどが確認され、副葬品には須恵器(すえき)・鉄鏃(てつぞく)・ガラス小玉などが認められる。一帯は史跡公園として整備され、横穴内部を実際に観察することができる。JR北陸本線加賀温泉駅から車で約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

法皇山横穴群の関連キーワード石川県加賀市動橋町石川県加賀市片野町石川県加賀市加茂町石川県加賀市作見町石川県加賀市塩屋町石川県加賀市勅使町石川県加賀市永井町石川県加賀市深田町石川県加賀市美岬町香川県高松市勅使町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone