コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥眼 デイガン

大辞林 第三版の解説

でいがん【泥眼】

能面の一。目に金泥を塗った女面。「葵上あおいのうえ」の前シテなど、嫉妬にたける女性に用いられるが、本来は神霊の女面として作られたもので、「当麻たえま」の後シテ(中将姫の霊)などにも用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の泥眼の言及

【能面】より

…(4)は最も能面らしい表現のものといわれ,若い女面として小面(こおもて),増(ぞう),孫次郎,若女の4タイプがあり,それぞれ現在は流派によって使用を異にしている。やや老け役の面として曲見(しやくみ)と深井があり,これに霊性をもたせたものが泥眼(でいがん),増(十寸)髪(ますかみ),年たけた霊性のものとして霊女(れいのおんな),瘦女(やせおんな),老女,姥(うば)などがある。 能面は,能が本来演劇と歌舞の二つの要素の巧みな統合によって成り立っているように,写実と抽象の巧みな融合によって一つの形式美を作り出すところに特色がある。…

※「泥眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

泥眼の関連キーワード富小路 禎子富小路禎子あおい中将姫当麻葵上能面海士鉄輪

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android