コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄輪 カナワ

世界大百科事典 第2版の解説

かなわ【鉄輪】

(1)能の曲名。四番目物。作者不明。シテは離別された女。夫に見捨てられた女(前ジテ)が,恨みを晴らすために貴船(きぶね)明神へ祈願に参ると,社人(アイ)が神の告げを聞かせる。赤い着物を着て顔には朱を塗り,鉄輪を頭にいただき,その三つの脚にろうそくを付けて火をともせば,生きながら鬼となって恨みを果たせるというのである。一方,夫(ワキヅレ)は夢見が悪いので陰陽師安倍晴明(ワキ)を訪れて祈禱を頼む。晴明が夫と新妻の人形(ひとがた)を作って祈禱をすると,先妻生霊(いきりよう)(後ジテ)が現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かなわ【鉄輪】

能の一。四番目物。自分を捨てて新しい女のもとへ走った夫に復讐しようと、頭に鉄輪を戴き貴船の宮に丑うしの時参りをした女が、神託を得て鬼となる。

てつりん【鉄輪】

鉄でできた輪。かなわ。
汽車の車輪。また、汽車。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄輪
かなわ

能の曲目。四番目物、また五番目物にも扱う。五流現行曲、ただし金春(こんぱる)流は大正の復曲。作者不明。出典は、男を恨んで鬼となった貴族の女、それが茨木(いばらき)童子であるとする『平家物語』「剣巻」による。自分を捨て若い女といっしょになった夫を取り殺そうと、現世で鬼となった女の能。京都貴船(きぶね)神社の神職(アイ)が、丑(うし)の刻詣(ときもう)での女(前シテ)に、鬼に変身させようとの神託を告げる前段。悪夢にうなされる男(ワキツレ)の願いに、女の呪(のろ)いを転じ変えようと祈る陰陽師(おんみょうじ)安倍清明(あべのせいめい)(ワキ)。鬼と変じた女(後シテ)は、男への愛の恨みを訴え、まず相手の女の命を奪うが、神々に守られた夫の命をとりえず、「時節を待ってまたとるべし」と消えていく。教養と理性に抑圧された貴婦人の恨みを描く『葵上(あおいのうえ)』に対し、『鉄輪』は直接的な嫉妬(しっと)の復讐(ふくしゅう)である。新藤兼人(しんどうかねと)の映画『鉄輪』(1972)は、古代の丑の刻詣での女と、能の場面と、現代の三角関係を錯綜(さくそう)させる手法で成功している。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鉄輪の言及

【磯崎】より

…〈女人のため〉の物語と話末にあるごとく,女の罪業深さにふれるところが多い。昔話〈肉付面〉の原型ともいわれ,謡曲《鉄輪(かなわ)》と表現の一致するところもある。【浅見 和彦】。…

※「鉄輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉄輪の関連キーワードDMV(デュアル・モード・ビークル)ディスコイダル集合体ロードローラーむさぼりつく伝統農具模型タイヤローラ別府温泉郷丑の時参り後藤 得三棒受網漁業レールバスチョピン別府温泉新しい女三つ鉄輪がた馬車宇治橋姫増田正造DMV人力車

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄輪の関連情報