コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰山雲尭 たいざん うんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泰山雲尭 たいざん-うんぎょう

1574-1648 織豊-江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)2年生まれ。朝倉義景の3男。曹洞(そうとう)宗。象山徐芸(ぞうざん-じょうん),広山恕陽(こうざん-じょよう)に師事,加賀(石川県)宝円寺の量山繁応の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺住持。元和(げんな)元年徳川家康が永平寺曹洞宗大本山にしようとしたとき,総持寺もともに大本山とする許可をえた。正保(しょうほ)5年1月27日死去。75歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

泰山雲尭の関連キーワード安土桃山時代(年表)フロンドの乱シャルルソテロ真田幸隆アンリ[3世]フランチェスコ1世[メディチ家]ベラール王国渡辺重綱ティコ・ブラーエ

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android