コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象山徐芸 ぞうざん じょうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

象山徐芸 ぞうざん-じょうん

?-1619 織豊-江戸時代前期の僧。
曹洞(そうとう)宗。加賀金沢の宝円寺の大透圭徐(だいとう-けいじょ)に師事しその法をつぐ。金沢藩主前田利家・利長の帰依(きえ)をうけ宝円寺の住持,桃雲寺の開山(かいさん)となった。元和(げんな)5年5月24日死去。越前(えちぜん)(福井県)出身。俗姓三田村

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

象山徐芸の関連キーワード広山恕陽泰山雲尭曹洞

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android