コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲岡舜徳 うんこう しゅんとく

1件 の用語解説(雲岡舜徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲岡舜徳 うんこう-しゅんとく

1438-1516 室町-戦国時代の僧。
永享10年生まれ。曹洞(そうとう)宗。上野(こうずけ)(群馬県)補陀寺の月江正文,その死後,武蔵(むさし)町田(東京都)大泉寺天庵玄彭(てんなん-げんぽう)にまなび,玄彭の法をつぐ。文明8年太田道灌にまねかれ武蔵芝に青松寺をひらく。のち武蔵越生(おごせ)の竜穏寺,小田原最乗寺の住持。永正(えいしょう)13年5月15日死去。79歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

雲岡舜徳の関連キーワードアビス朝アフォンソ[5世]ハプスブルク家フェルナンド春夢草カール[5世]ホルバイン箱根山神山箱根山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone