コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲岡舜徳 うんこう しゅんとく

1件 の用語解説(雲岡舜徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲岡舜徳 うんこう-しゅんとく

1438-1516 室町-戦国時代の僧。
永享10年生まれ。曹洞(そうとう)宗。上野(こうずけ)(群馬県)補陀寺の月江正文,その死後,武蔵(むさし)町田(東京都)大泉寺天庵玄彭(てんなん-げんぽう)にまなび,玄彭の法をつぐ。文明8年太田道灌にまねかれ武蔵芝に青松寺をひらく。のち武蔵越生(おごせ)の竜穏寺,小田原最乗寺の住持。永正(えいしょう)13年5月15日死去。79歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

雲岡舜徳の関連キーワード木幡雅遠一宗紹麟愚底月殿昌桂嘯巌全虎昌地仟遍仙林性菊多賀谷尊経楊富

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone