コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青松寺 せいしょうじ

5件 の用語解説(青松寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青松寺
せいしょうじ

東京都港区芝愛宕町にある曹洞宗の寺。万年山と号する。文明8 (1476) 年に太田道灌が草創し,雲崗舜徳和尚を開山第1世とする。江戸時代には,総泉寺,泉岳寺と並び曹洞宗江戸三ヵ寺の一つであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいしょう‐じ【青松寺】

東京都港区にある曹洞宗の寺。山号は万年山。開創は文明8年(1476)、開山は雲崗舜徳(うんこうしゅんとく)、開基は太田道灌(おおたどうかん)。曹洞宗の江戸三か寺の一。大名諸家の菩提寺として栄えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青松寺【せいしょうじ】

東京都港区にある曹洞宗の寺。1476年太田道灌が始め,雪崗俊徳が開山。武蔵貝塚より移す。曹洞宗江戸三ヵ寺の一つ。浅野,毛利,山内等諸大名の菩提(ぼだい)所であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

せいしょうじ【青松寺】

東京都港区愛宕にある曹洞宗の寺。山号万年山。1476年太田道灌が武蔵むさし国貝塚に創建。慶長年間(1596~1615)現地に移転。泉岳寺・総泉寺とともに曹洞宗江戸三か寺の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青松寺
せいしょうじ

東京都港区愛宕(あたご)にある曹洞(そうとう)宗系単立寺院。万年山と号し、曹洞宗関府六か寺の一、曹洞宗江戸三か寺(他は高輪(たかなわ)の泉岳寺、橋場の総泉寺)の一に数えられた。1476年(文明8)太田道灌(どうかん)が雲崗舜徳(うんこうしゅんとく)を開山として貝塚(現千代田(ちよだ)区平河(ひらかわ)町)に創建し、1600年(慶長5)に現在の地に移された。末寺に青竜寺(せいりゅうじ)をはじめ19か寺、孫末寺は10か寺余りあり、本山の格式をもつ寺であった。江戸時代には芸州(広島県)の浅野家、長州(山口県)の毛利(もうり)家、土佐(高知県)の山内家、越前(えちぜん)(福井県)勝山の小笠原(おがさわら)家、石州(島根県)津和野の亀井家、越前敦賀(つるが)の酒井家など、多くの大名の菩提(ぼだい)寺として栄えた。寺の背後の丘は含海山(がんかいさん)とよばれて眺望のよいことで知られた場所であり、境内には近世の武将亀井滋矩(これのり)、儒者井上金峨(きんが)、維新期の志士広沢真臣(さねおみ)などの墓がある。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青松寺の関連キーワード東京都江東区木場東京都小金井市桜町東京都港区芝東京都西東京市新町東京都西東京市中町東京都江東区平野東京都目黒区三田東京都西東京市緑町東京都江東区三好東京都墨田区横網

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青松寺の関連情報