コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普山彭寿 ふさん ほうじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

普山彭寿 ふさん-ほうじゅ

?-1521 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。武蔵(むさし)越生(おごせ)竜穏(りゅうおん)寺の天庵玄彭(てんなん-げんぽう)の法をつぐ。能登(のと)総持寺,江戸青松寺,相模(さがみ)最乗寺の住持となり,上杉朝興(ともおき)の帰依(きえ)をうけた。永正(えいしょう)18年6月1日死去。武蔵川越(埼玉県)出身。俗姓は藤原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

普山彭寿の関連キーワード泰翁徳陽曹洞