コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洋白(読み)ヨウハク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洋白
ようはく

銅‐ニッケル‐亜鉛の固溶体合金。英語でGerman silverというのを洋銀と訳したこともあるが、今日では普通、洋白という。黄銅、リン青銅、ベリリウム銅と並ぶ主要な銅合金で、6~35%ニッケル、15~35%亜鉛の広い成分範囲を用途により使い分けるが、板、線には20%亜鉛が、食器類には15~20%亜鉛、15~30%ニッケルが使われる。鋳物用には鉛を加えて鋳造性をよくする。[三島良續]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の洋白の言及

【洋銀】より

…銅‐ニッケル‐亜鉛合金で,洋白ともいう。ニッケル6~35%,亜鉛15~35%と銅とから成る組成のものがある。…

※「洋白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洋白の関連情報