コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洛陽王湾遺跡 らくようおうわんいせきLuo-yang wang-wan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洛陽王湾遺跡
らくようおうわんいせき
Luo-yang wang-wan

中国洛陽市の西郊約 15kmに存在する新石器時代遺跡で,周代以降の墓なども含む。中国科学院考古研究所洛陽工作站によって 1959,60年に発掘が行われた。住居址,灰坑,墓葬などが発見されている。新石器時代の文化層は3期に分けられ,第1期文化は仰韶文化,第2期文化は仰韶文化と河南竜山文化の中間的な文化で,第3期文化は河南竜山文化とされている。放射性炭素の年代測定によると,第3期文化の 79号灰坑出土の木炭は,B.P.3965±95年という年代が測定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

洛陽王湾遺跡の関連キーワード久保恒造大気ブリッジウォーターエゴロワクロスカントリースキーザルカウィ死去兵庫県南部地震富士山浦富海岸オストラバ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android