コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津久井湖 ツクイコ

デジタル大辞泉の解説

つくい‐こ〔つくゐ‐〕【津久井湖】

神奈川県相模原市にある人造湖相模川上流をせき止めて造られた城山ダム貯水池。面積約2.5平方キロメートル。総貯水量6230万立方メートル。好釣り場が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕津久井湖(つくいこ)


神奈川県北部、相模(さがみ)川中流部の城山(しろやま)ダムによってできた人造湖。城山ダムは、1965年(昭和40)完成の、洪水調節・上水道・工業用水・発電用ダムで、重力式コンクリートダム(堤高75m、堤長260m、面積2.5km2、総貯水容量6230万m3)。北方約1kmにある揚水式発電用調整池の城山湖(本沢(ほんざわ)ダムによる人造湖)との間に設置された城山発電所は、関東有数の規模の最大出力25万kWを誇る。湖では遊覧船が就航し、ボート遊びやハイキングなどができる。両岸を三井(みい)大橋・名手(なて)橋・新道志(しんどうし)橋が結ぶ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津久井湖
つくいこ

神奈川県北部、相模(さがみ)川上流部にある人造湖(ダム湖)。1965年(昭和40)に完成した城山ダムによりせき止められてできた。面積約2.47平方キロメートル。総貯水量6230万立方メートル。湖は関東山地東縁部にあたる山間部に広がり、湖岸は出入りに富み好釣り場が多い。湖上にはボート、釣り舟、遊覧船が浮かび、湖畔には津久井湖記念館、県立津久井湖城山公園などが設けられ、保養所やゴルフ場も建設されている。三井(みい)大橋、名手(なて)橋、道志(どうし)橋などが両岸を結ぶ。城山ダムは堤高75メートル、長さ260メートルの重力式ダムで、ダム体内に地下発電所が設けられている。また北部の丘陵には人造湖城山湖がつくられ、夜間に津久井湖から揚水された水を昼間に放水する揚水発電用の調整池となっている。これをあわせた城山発電所の最大出力は約25万キロワットで、関東地方有数の大規模発電所である。JR横浜線橋本駅から展望台までバス20分。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の津久井湖の言及

【相模川】より

…上流は桂川といい,その水源は山中湖と,その北岸の山梨県忍野(おしの)村の山中にある。桂川が神奈川県に入って相模川となり,山梨県の道志(どうし)山地から流出する道志川を津久井(つくい)湖で,丹沢山地から流出する中津川を厚木市街地で合わせ,平塚市の東辺で湘南砂丘を切って相模湾に入る。相模国の南北を通じる水路として,古くから舟運に利用され,上流部に川尻(城山町),中流部に厚木,河口部に須賀(平塚市)などの河港があった。…

【城山[町]】より

…農業では栗,梅の観光農園や施設園芸が盛ん。津久井町との境界には相模川総合開発整備事業の一環としてつくられた城山ダム(津久井湖)があり,その北1kmにある城山湖は城山発電所(揚水式地下発電所)の上部調整池である。津久井湖畔に記念館があり,付近の地形・歴史が解説されている。…

【津久井[町]】より

…現在は林業,酪農,養鶏が行われる。1965年城山町との境界に相模川をせき止めて城山ダム(津久井湖)が建設された。道志川上流の青根に町営の緑の休暇村があり,夏季にはにぎわっている。…

※「津久井湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

津久井湖の関連キーワード神奈川県相模原市緑区城山神奈川県相模原市緑区寸沢嵐石器時代遺跡城山(神奈川県)神奈川県相模原市相模原(市)津久井[町]城山[町]津久井城道志渓谷上水道津久井道志川堤高城山中野緑区

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android