津久井 龍雄(読み)ツクイ タツオ

  • 津久井 龍雄 (つくい たつお)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の国家主義者,政治評論家



生年
明治34(1901)年2月4日

没年
平成1(1989)年9月9日

出生地
栃木県大田原市

学歴〔年〕
早稲田大学英文科〔大正2年〕中退

経歴
早大中退後、国家社会主義を唱えた高畠素之に入門。大正15年赤尾敏らと建国会を創立、昭和5年には天野辰夫らと愛国勤労党、児玉誉士夫らと急進愛国党を組織。6年全日本愛国者共同闘争協議会を結成、8年赤松克磨らと国民協会を設立、出版部長を務める。12年から「やまと新聞」等に執筆。戦時中は政党離れ、新聞・雑誌で活動。戦後公職追放を経て、27年赤尾敏と東方会を組織した。著書に「日本国家主義運動試論」「日本的社会主義の提唱」「右翼」「私の昭和史」「証言昭和維新」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1901年2月4日
大正時代;昭和時代の国家社会主義者;ジャーナリスト
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android