コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津久見湾 つくみわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津久見湾
つくみわん

大分県南東部,豊後水道西岸のリアス海岸の湾。北は楠屋崎,南は蒲戸崎のある半島に囲まれた湾で湾口約 4km,湾入約 7km。湾岸の大部分が豊後水道県立自然公園に,一部は日豊海岸国定公園に属する。湾頭の津久見港は東九州の重要な貿易港の1つで,セメントミカンを輸移出する。湾内には黒島,白石,黒石などが浮ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津久見湾
つくみわん

大分県南東部、豊後(ぶんご)水道西側リアス式海岸の一湾。湾岸は津久見市。楠屋鼻(くすやばな)を北角、保戸島(ほとじま)を南角とし、湾口の広さ約4キロメートル、南西へ約8キロメートル湾入し、湾中央の深さ55メートル、湾岸は数個の小支湾に分かれ、黒島ほかの小島嶼(とうしょ)もあり、風光明媚(めいび)で、日豊(にっぽう)海岸国定公園に含まれる。支湾の各浦辺には半農半漁村が点在している。湾奥に津久見の鉱工業都市がある。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の津久見湾の言及

【津久見[市]】より

…大分県東部,豊後水道の津久見湾に臨む市。1951年市制。…

※「津久見湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津久見湾の関連情報