コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保戸島 ほとじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保戸島
ほとじま

大分県南東部,津久見湾の湾口東端にある。旧村名。 1951年津久見町などと合体し,津久見市に属することとなった。急峻な傾斜地が多く,平地はほとんどない。人口過密の島で,島の西側に鉄筋多層構造の家屋集落を形成している。産業は漁業が主で,マグロ延縄漁業の基地として知られる。面積 0.86km2。人口 1520 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保戸島
ほとじま

大分県南東部、津久見(つくみ)湾の入口にある島。面積0.86平方キロメートル。1892年(明治25)四保戸(よほと)村から分村して保戸島(ほとじま)村となり、1951年(昭和26)津久見市に編入。最高点は184メートル、北・東・南三方が海食崖(がい)で、西部の小平地から山腹へ住宅が階段状に建ち並ぶ。飲料水、電気は四浦(ようら)半島から海底を送られてくる。第4種漁港で、マグロ延縄(はえなわ)漁船はパラオ、カロリン諸島近海を主漁場とし、小型船は土佐沖から三陸沖へ出漁する。40歳くらいからは豊後(ぶんご)水道のイサキ、タイ、サワラ、ブリなどの一本釣りに従い、消防団活動や段々畑耕作は婦人の手による。1957年離島振興法による離島振興対策実施地域指定を受けた。津久見港との間に高速船が運航する。人口1166(2009)。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の保戸島の言及

【津久見[市]】より

…市内上青江尾崎の小ミカン先祖木(せんぞぎ)(天)は樹齢800年といわれ,いまなお毎年実をつける。四浦(ようら)半島先端にある保戸島はマグロはえなわ船の基地である。【勝目 忍】【山口 梅太郎】。…

※「保戸島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

保戸島の関連キーワード子どもの戦争被害津久見(市)保戸島空襲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保戸島の関連情報