津波地震早期検知網(読み)つなみじしんそうきけんちもう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津波地震早期検知網
つなみじしんそうきけんちもう

地震の観測データから津波の危険を高速で計算する気象庁のシステム。地震の位置,震源,深さ,規模(マグニチュード)から津波発生の有無を判定する。津波予報(→津波警報・注意報)作業の迅速化を目的として 1994年に設置。設置後は地震発生から予報発表までに要する時間が 2~3分になり, 5分短縮された。全国 150ヵ所に約 50kmの等間隔で観測地点を新設,既設の地震観測システム 22ヵ所と合わせた計 172ヵ所でネットワークを構成する。2007年からは緊急地震速報も活用して,一部の地震では最速 2分以内の発表が可能になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android