コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注意報 チュウイホウ

3件 の用語解説(注意報の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅうい‐ほう【注意報】

風雨・乾燥・なだれ・津波・高潮(たかしお)などにより被害が出るおそれがあることを注意する予報。気象管署が出す。→気象注意報

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅういほう【注意報】

強風,大雨,大雪,津波,高潮,波浪などによって被害が生ずるおそれがあるとき,あらかじめそれを注意するために出される情報の一つ。被害が非常に大きいと予想される時には警報となる。気象庁気象台がその担当地区に報道機関を通じて発表するのが原則で,公共機関などには直接電話で通知される。気象注意報,地面現象注意報(大雨や大雪によって生ずる山崩れや崖崩れを注意する),津波注意報高潮注意報波浪注意報,浸水注意報,洪水注意報がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅういほう【注意報】

大雨・強風・高潮・洪水などによる災害の起こるおそれがある場合、注意を促すため、気象官署から発表される知らせ。警報よりは警戒度が低い。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

注意報の関連情報