コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田東巌 つだ とうがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田東巌 つだ-とうがん

1830-1892 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)元年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。青山延光(のぶみつ)にまなび,藩校弘道館訓導となる。万延元年彰考館にはいり,「大日本史」志・表の編修に終生つくした。明治25年12月8日死去。63歳。名は信存。字(あざな)は伯行。通称は繁太郎。著作に「南征録」「水戸藩死事録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津田東巌の関連キーワード民衆を導く自由の女神シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩強制栽培制度天保

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone