コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田東陽 つだ とうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田東陽 つだ-とうよう

1702-1754 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)15年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。山県(やまがた)周南に師事し,京都でもまなぶ。享保(きょうほう)18年藩主毛利宗広の侍講,寛延元年藩校明倫館学頭となり,侍講もかねた。宝暦4年9月12日死去。53歳。本姓は八谷。名は泰之。字(あざな)は士雅。通称は忠介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津田東陽の関連キーワード也有秋山玉山横井也有泉藩義士伝ウィリアム岩村藩アン女王ウィリアムアン