コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田淡窩 つだ たんか

1件 の用語解説(津田淡窩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田淡窩 つだ-たんか

1706-1785* 江戸時代中期の医師。
宝永3年生まれ。筑前(ちくぜん)博多(福岡市)で開業。二宮柏山に儒学をまなぶ。明和2年養子の津田元貫(げんかん)とともに博多の地誌「石城志(せきじょうし)」を刊行。俳諧をこのみ大椿社をおこす。天明4年12月死去。79歳。名は元顧。別号に雄山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

津田淡窩の関連キーワード文京明石宗伯今村一鴎小原西酉小林粛翁清水敬長津軽季詮三谷蘆水室田坤山渡辺昌倫

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone