津田知常(読み)つだ ともつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田知常 つだ-ともつね

1762-1846 江戸時代中期-後期の豪商。
宝暦12年生まれ。京都の人。おさなくして商家井上家に奉公,主人が死んで使用人は皆さったが,ひとりのこり,おさない跡継ぎをたすけた。のち独立して木綿を販売し10年たたないうちに大成功,百余店の支店をつくった。弘化(こうか)3年11月4日死去。85歳。通称は忠兵衛。号は慶儀。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android