コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津谷 つや

2件 の用語解説(津谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津谷
つや

宮城県北東部,気仙沼市南部の旧町域。1955年大谷村,小泉村の 2村と合体して本吉町となり,2009年気仙沼市に編入。北上高地を横断する西郡街道(にしごおりかいどう。国道346号線)と東浜街道(国道45号線)が交わる宿場町として発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津谷
つや

宮城県北東部、気仙沼(けせんぬま)市南部の中心地区。太平洋に面し、近世は浜街道の宿場町、また市場町であった。JR気仙沼線と国道45号が通じる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の津谷の言及

【本吉[町]】より

…平安時代には藤原氏の老臣大谷(おおや)氏が大谷に居城したと伝えられ,藤原氏滅亡後は千葉氏の所領となり,南北朝期以降は葛西氏の支配下に置かれた。近世は仙台藩領で,中心集落津谷(つや)は奥州東浜街道と西郡街道が交差する宿駅として栄え,馬籠(まごめ)では製鉄,製塩が奨励された。1896年の三陸大津波では死者553人を数える大被害を受けた。…

※「津谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

津谷の関連キーワード宮城県気仙沼市南町海岸宮城県気仙沼市久保宮城県気仙沼市魚町宮城県気仙沼市台宮城県気仙沼市南郷宮城県気仙沼市浜宮城県気仙沼市南が丘宮城県気仙沼市南町宮城県気仙沼市本町宮城県気仙沼市横沼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津谷の関連情報