コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津谷 つや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津谷
つや

宮城県北東部,気仙沼市南部の旧町域。1955年大谷村,小泉村の 2村と合体して本吉町となり,2009年気仙沼市に編入。北上高地を横断する西郡街道(にしごおりかいどう。国道346号線)と東浜街道(国道45号線)が交わる宿場町として発達。旧本吉町の中心地区で,近隣の商業中心地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津谷
つや

宮城県北東部、気仙沼(けせんぬま)市南部の中心地区。太平洋に面し、近世は浜街道の宿場町、また市場町であった。JR気仙沼線と国道45号が通じる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の津谷の言及

【本吉[町]】より

…平安時代には藤原氏の老臣大谷(おおや)氏が大谷に居城したと伝えられ,藤原氏滅亡後は千葉氏の所領となり,南北朝期以降は葛西氏の支配下に置かれた。近世は仙台藩領で,中心集落津谷(つや)は奥州東浜街道と西郡街道が交差する宿駅として栄え,馬籠(まごめ)では製鉄,製塩が奨励された。1896年の三陸大津波では死者553人を数える大被害を受けた。…

※「津谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

津谷の関連キーワード福島県喜多方市岩月町宮津津谷裕貴弁護士刺殺事件山形県最上郡戸沢村津谷タンクトップファイター津谷弁護士刺殺事件吹きぬけの青い空弥生二丁目遺跡本吉(宮城県)甲斐(市)室根[村]三津谷葉子高齢化社会本吉[町]本吉〈町〉谷川士清蔦の細道三津谷亮十団子菊人形EBM

津谷の関連情報