コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽線

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津軽線
つがるせん

青森県東北部を走る東日本旅客鉄道の線路名称。青森―三厩(みんまや)間55.8キロメートル、全線単線。主として陸奥(むつ)湾岸沿いに津軽半島東部を縦断する。1951~1958年(昭和26~33)開業。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。1988年、青函(せいかん)トンネルの開通により、青森―中小国(なかおぐに)間が交流電化され、中小国より海峡線(北海道旅客鉄道。青函トンネルを通過)が分岐するようになった。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

津軽線の関連キーワード青森県東津軽郡今別町外ヶ浜[町]外ヶ浜(町)蓬田[村]蓬田(村)JR東日本三厩[村]青森(市)蟹田[町]津軽半島蓬田村竜飛崎尻八館龍飛崎

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津軽線の関連情報