コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽線

デジタル大辞泉プラスの解説

津軽線

JR東日本が運行する鉄道路線。青森県青森市の青森駅から東津軽郡外ヶ浜町三厩(みんまや)駅を結ぶ。青森駅~中小国駅間は「津軽海峡線」とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津軽線
つがるせん

青森県東北部を走る東日本旅客鉄道の線路名称。青森―三厩(みんまや)間55.8キロメートル、全線単線。主として陸奥(むつ)湾岸沿いに津軽半島東部を縦断する。1951~1958年(昭和26~33)開業。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。1988年、青函(せいかん)トンネルの開通により、青森―中小国(なかおぐに)間が交流電化され、中小国より海峡線(北海道旅客鉄道。青函トンネルを通過)が分岐するようになった。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

津軽線の関連キーワード青森県東津軽郡今別町外ヶ浜(町)外ヶ浜[町]蓬田(村)JR東日本蓬田[村]青森(市)蟹田[町]三厩[村]津軽半島蓬田村竜飛崎尻八館龍飛崎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津軽線の関連情報