コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三厩 みんまや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三厩
みんまや

青森県北西部,外ヶ浜町の旧村域。津軽半島の北端にある。 1889年村制。 2005年東方に離れて位置する蟹田町,平舘村と合体して外ヶ浜町となった。源義経主従3騎が津軽海峡を渡って蝦夷地へ向かったという伝説の土地で,義経の厩 (うまや) であったといわれる三つの海食洞が地名の由来。三厩港は松前街道の終点にあたり,蝦夷地との往復に重要な港であった。 JR 津軽線の終着駅。また北海道と本州を結ぶ青函トンネルが通る。竜飛崎を中心とする海岸は津軽国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三厩
みんまや

青森県北西部、東津軽郡にあった旧村名(三厩村(むら))。現在は今別(いまべつ)町をはさんで東西に分かれる外ヶ浜(そとがはま)町の西部を占める地域。2005年(平成17)、東津軽郡蟹田(かにた)町、平舘(たいらだて)村と合併して、外ヶ浜町となった。旧村域は津軽半島の北端にあり、津軽海峡に臨む。津軽山地が海岸まで迫っているため、平地が乏しく、海岸に沿って13の集落が並ぶ。蝦夷(えぞ)地(北海道)に逃れようとした源義経(よしつね)が持仏の観世音に祈って三頭の竜馬を得たという伝説の地。海岸に馬屋(厩(うまや))のような三つの岩屋があり、そこから地名が生じたという。海岸沿いに義経寺(ぎけいじ)がある。交通が不便であったが、1958年(昭和33)国鉄津軽線が延長された(現、JR津軽線)。国道399号も通じる。漁業中心であったが、1971年から青函トンネルの掘削が龍飛(たっぴ)崎を坑口として進み、1988年JR海峡線が開通、龍飛崎真下に竜飛海底駅が設置された(2014年3月廃止)。龍飛崎一帯は津軽国定公園域。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三厩の関連キーワード青森県東津軽郡外ヶ浜町青函トンネル記念館リゾートあすなろ仙台・松前道外ヶ浜(町)外ヶ浜[町]仙台・松前道青森(市)蟹田[町]三厩[村]奥州街道羽州街道平山敬忠大間崎北国路ねぶた

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三厩の関連情報