コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三厩 みんまや

2件 の用語解説(三厩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三厩
みんまや

青森県北西部,外ヶ浜町の旧村域。津軽半島の北端にある。 1889年村制。 2005年東方に離れて位置する蟹田町,平舘村と合体して外ヶ浜町となった。源義経主従3騎が津軽海峡を渡って蝦夷地へ向かったという伝説の土地で,義経の厩 (うまや) であったといわれる三つの海食洞が地名の由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三厩
みんまや

青森県北西部、東津軽郡にあった旧村名(三厩村(むら))。現在は今別(いまべつ)町をはさんで東西に分かれる外ヶ浜(そとがはま)町の西部を占める地域。2005年(平成17)、東津軽郡蟹田(かにた)町、平舘(たいらだて)村と合併して、外ヶ浜町となった。旧村域は津軽半島の北端にあり、津軽海峡に臨む。津軽山地が海岸まで迫っているため、平地が乏しく、海岸に沿って13の集落が並ぶ。蝦夷(えぞ)地(北海道)に逃れようとした源義経(よしつね)が持仏の観世音に祈って三頭の竜馬を得たという伝説の地。海岸に馬屋(厩(うまや))のような三つの岩屋があり、そこから地名が生じたという。海岸沿いに義経寺(ぎけいじ)がある。交通が不便であったが、1958年(昭和33)国鉄津軽線が延長された(現、JR津軽線)。国道399号も通じる。漁業中心であったが、1971年から青函トンネルの掘削が龍飛(たっぴ)崎を坑口として進み、1988年JR海峡線が開通、龍飛崎真下に竜飛海底駅が設置された(2014年3月廃止)。龍飛崎一帯は津軽国定公園域。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三厩の関連キーワード青森県東津軽郡外ヶ浜町上蟹田青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田石浜青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田塩越青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田渡青森県東津軽郡外ヶ浜町下蟹田青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘野田青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩上野青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三厩の関連情報