流伝(読み)リュウデン

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐でん〔リウ‐〕【流伝】

[名](スル)るでん(流伝)」に同じ。
「風説はたちまち長安人士の間に―せられて」〈鴎外魚玄機

る‐でん【流伝】

世に広まりわること。広く言い伝えられること。りゅうでん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうでん【流伝】

( 名 ) スル
るでん(流伝)」に同じ。 「君よ願くば君が令名を中外に-して/肖像画 四迷

るでん【流伝】

世の中に広く伝わること。りゅうでん。 「遠近の各工場へ評判の-して/鬼啾々 夢柳

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅう‐でん リウ‥【流伝】

〘名〙 世の中にあまねく伝わること。広く伝聞すること。また、その伝聞。風聞。うわさ。るでん。
※随筆・山中人饒舌(1813)上「古人売山生活。我不能也。故流伝甚少」 〔郭受‐寄謝員外詩〕

る‐でん【流伝】

〘名〙 あまねくひろまり伝わること。
※大安寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「唯命受賜而、奉為遠皇祖并大王及継治天下 天皇御世御世、不絶流伝此寺」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流伝の関連情報