流動公債(読み)りゅうどうこうさい

百科事典マイペディアの解説

流動公債【りゅうどうこうさい】

償還期限が1年以内の短期の公債短期公債とも。確定公債に対する。当面のつなぎ資金の調達のために発行され,現在の日本では食糧証券・大蔵省証券・外国為替資金証券(政府短期証券と総称)がその代表的なもの。
→関連項目大蔵省証券公債

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅうどう‐こうさい リウドウ‥【流動公債】

〘名〙 国庫の一時的な収入不足額の補填のために発行される短期公債および中央銀行からの一時借入金。不確定公債。〔袖珍新聞語辞典(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android