短期公債(読み)たんきこうさい

精選版 日本国語大辞典の解説

たんき‐こうさい【短期公債】

〘名〙 予算の執行の際、納税期その他の関係で収入と支出のずれから生じる一時の不足を補うために発行される、期間一年未満の公債。財務省証券(もと大蔵省証券)、食糧証券、外国為替資金証券、融通証券などがある。流動公債
※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)一月二八日「銀行家は寧ろ短期公債と為さんことを希望し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android