コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一時借入金 イチジカリイレキン

デジタル大辞泉の解説

いちじ‐かりいれきん【一時借入金】

国や地方公共団体が、一時的な現金の不足を補うために借り入れる資金。原則として、その会計年度のうちに償還しなければならない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

一時借入金

自治体の短期借入金税収補助金が入るまで、一時的に議会が承認した範囲で金融機関から借りられる。その会計年度の歳入で返済しなければならない。年間の平均残高はピークより相当低い。地方債は年度を越える長期借入金。国の許可がなくても借りられる協議制が06年度に導入された。

(2007-05-18 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

一時借入金【いちじかりいれきん】

国や公共団体において会計年度内の一時の現金不足を補うための借入金。政府は国庫金の一時的不足を補うため日本銀行から一時借入れができるが,借入最高額は予算総則に明記し,国会の議決を要し,しかも当該年度の歳入で償還しなければならない。
→関連項目大蔵省証券

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一時借入金
いちじかりいれきん

国や地方公共団体が、会計年度内の一時的な現金の不足をまかなうために借り入れる資金をいう。このような現金の不足は収入と支出の時期的なずれなどから生じる。本来、一時的な資金繰りのためのものであるから、年度内に償還しなければならず、一会計年度以上にわたって借り入れる公債と区別される。国にあっては、その借入最高額は予算総則上に記して国会の議決を経なければならず(財政法7条)、また一般会計だけでなく特別会計(食糧管理、外国為替(かわせ)資金など)でも認められている。地方公共団体においても、その最高額は予算上に定めなければならず、また年度内に償還しなければならない(地方自治法235条の3)。ただし地方公営企業においては、年度内に償還できない場合には、1年を限度として借換えが認められている(地方公営企業法29条)。[一杉哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一時借入金の言及

【国債】より

…国がその経費をまかなうために行う金銭債務をいう。その場合,国債証券を発行するものを狭義の国債,証券の発行を伴わないものを借入金(年度内に償還する条件のものを一時借入金という)という。なお,国債と地方債を総称して公債という。…

※「一時借入金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一時借入金の関連キーワード地方財政再建促進特別措置法夕張市の財政破綻地方公営企業夕張(市)食糧証券短期国債公債費自治体国債

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android