コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流動性のジレンマ リュウドウセイノジレンマ

1件 の用語解説(流動性のジレンマの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅうどうせい‐の‐ジレンマ〔リウドウセイ‐〕【流動性のジレンマ】

特定の国の通貨を基軸通貨とする国際通貨制度のもとでは、基軸通貨の供給と信用の維持を同時に達成できない、という矛盾。イェール大学の経済学者ロバート=トリフィンが1960年に指摘した。流動性ジレンマトリフィンのジレンマ。→ドル基軸通貨体制
[補説]ブレトンウッズ体制(金ドル本位制)のもとで、基軸通貨国である米国が、国際貿易の拡大に応じて、国際流動性を供給するためにドルを供給し続けると、米国の国際収支は赤字となり、ドルの信認は低下する。米国がドルの価値を維持するために国際収支を改善する政策をとると、国際流動性が不足し、世界経済の成長を阻害してしまう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流動性のジレンマの関連キーワード基軸通貨国際通貨準通貨ブレトンウッズ体制IMF体制ペッグ制(Pegged exchange rate system)基軸通貨(Key Currency)金・ドル本位制通貨先物(Financial Futures)基軸通貨と人民元

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone