コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流涙症 リュウルイショウ

デジタル大辞泉の解説

りゅうるい‐しょう〔リウルイシヤウ〕【流涙症】

涙腺や涙道が詰まるなどして鼻内へ流出されないため、が出つづける状態

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家庭医学館の解説

りゅうるいしょう【流涙症】

 流涙症とは病名ではなく、涙があふれるように出る症状のことをいいます。
 原因は、なんらかの刺激によって、涙腺(るいせん)(涙を分泌(ぶんぴつ)する部位)から涙液が大量に分泌するため(分泌性流涙症)、あるいは、涙の排出路である涙道(るいどう)(涙点(るいてん)→涙小管(るいしょうかん)→涙嚢(るいのう)→鼻涙管(びるいかん)→鼻腔(びくう))が狭窄(きょうさく)、閉塞(へいそく)するため(閉塞性流涙症(へいそくせいりゅうるいしょう))と考えられています。
 閉塞性流涙症をもたらす代表的な病気には鼻涙管狭窄、鼻涙管閉塞、涙嚢炎、新生児涙嚢炎などがあります。検査では、とくに鼻涙管通水検査が重要です。
 分泌性流涙症の原因は、結膜(けつまく)に入った異物や、眼脂(がんし)などをともなう結膜疾患では結膜炎、疼痛(とうつう)や羞明(しゅうめい)(まぶしさ)をともなう角膜疾患では角膜炎など、さまざまです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうるいしょう【流涙症】

涙が病的に多量に出る状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

流涙症の関連キーワード目のしくみとはたらき目の主要な症状

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android