流落(読み)りゅうらく

精選版 日本国語大辞典「流落」の解説

りゅう‐らく リウ‥【流落】

① 他国に流浪し、おちぶれること。零落すること。淪落。るらく。〔文明本節用集(室町中)〕
史記抄(1477)四「文公の流落するときに、楚の国でをうけたほどに」 〔李白‐与韓荊州書〕
② 流れ落ちること。くずれ落ちること。るらく。
※地方官会議日誌‐九・明治八年(1875)七月二日「砂土の流落に因する

ながれ‐お・ちる【流落】

〘自タ上一〙 ながれお・つ 〘自タ上二〙
① 強い流れによってくずれ落ちる。
日葡辞書(1603‐04)「ハシヲ カクレドモ カウズイノ トキワ nagarevochita(ナガレヲチタ)
などが流れて下の方へ落ち下る。
※栄花(1028‐92頃)ゆふしで「胸ふたがりて御涙のみなかれおつれば」

ながれ‐おとし【流落】

〘名〙 水が流れるように、高い所から低い所へすべり下ること。流れ落ち。
平家(13C前)九「小石まじりのすなごなれば、ながれおとしに二町ばかりざっとおといて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android