コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天涯 テンガイ

デジタル大辞泉の解説

てん‐がい【天涯】

空のはて。
「彗星が―から来って」〈魯庵社会百面相
故郷を遠く離れた地。
「如何に―の遊子たる予自身を憫みしか」〈芥川・開化の殺人〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんがい【天涯】

空のはて。また、非常に遠い所。 「 -万里」
世界中。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

天涯の関連キーワード慨・槪・亥・凱・劾・咳・外・害・崖・慨・概・涯・碍・礙・蓋・街・該・駭・骸アンティゴネ(ソフォクレスの悲劇)バートン(Tim Burton)凱旋門(レマルクの小説)ツァイ ミンリャンハイナン(海南)省マルティンソンくるくるシルク横山 源之助藤後 惣兵衛犬飼 志げの沢木耕太郎淀どの日記横山源之助下村 槐太宮尾登美子海南(省)天涯孤独呉 民民海南島

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天涯の関連情報