流行性脳炎(読み)リュウコウセイノウエン

大辞林 第三版の解説

りゅうこうせいのうえん【流行性脳炎】

ウイルスによる急性脳炎の総称。日本脳炎や嗜眠性しみんせい脳炎などをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅうこうせい‐のうえん リウカウナウエン【流行性脳炎】

〘名〙 伝染性の脳炎。病原体はウイルスで蚊によって伝染する。嗜眠(しみん)性脳炎(エコノモ脳炎)や日本脳炎(夏季脳炎)などがある。前者は嗜眠と治癒後の筋強直を特徴とするが、日本ではまれ。後者は夏季(七月下旬~九月中旬)に流行しやすく、発熱し、頭痛・吐き気を訴え、筋強直を呈し、死亡率が高い。日本脳炎を含む急性脳炎は感染症法で四類感染症に分類される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android