流頭日(読み)りゅうとうじつ(英語表記)Liu-tóu-jih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流頭日
りゅうとうじつ
Liu-tóu-jih

朝鮮で古来行われてきた御手洗祭 (みたらしさい) 。流頭節ともいう。『東都遺俗』によれば新羅の頃に始ったと伝えられる。身心の不浄を払い,健康を祈願するために,旧暦6月 15日に髪膚渓流で洗い,集会して宴飲の会を催す行事で,今日でもその儀は各地に残存している。また,農村では,干害が起るとこの流頭日に田畑に縄を張って水を投げ,雨乞いをする風習があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android