コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄化作用 じょうかさようPurification; assimilation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄化作用
じょうかさよう
Purification; assimilation

水質,大気質など環境の質に改善を生じさせる機構のこと。人為的な場合は処理となるので,自然による場合のみを意味することが多く,自浄作用と呼ばれる。物理的・化学的・生物的諸過程から生じる。たとえば水質の場合,物理的浄化作用としては希釈・沈殿,化学的浄化作用としては溶存酸素による酸化,物理化学的浄化作用としては沈降性物質への吸着,生物的浄化作用としては付着性生物による取り込みなどの例があげられる。しかしながら,後2者の場合などには,水中の浄化が固相気相の汚染を生じさせる。このため狭義には,有機物は二酸化炭素に無機化し,窒素系物質は無機化を経て脱窒へと進む場合と定義される。水域での藻類の増殖は,自浄作用に対比させて自濁作用と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

浄化作用の関連キーワード呼吸器のしくみとはたらき精神療法のいろいろバイオフィルムインゲンホウス大阪浪華錫器空気清浄機活性汚泥法盤洲干潟ヒソップチタニア遊戯療法酸性雨あらうバーユ飲料水便所戯曲線香植生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浄化作用の関連情報