脱窒(読み)だっちつ(英語表記)denitrification

  • ダツチツ
  • 脱窒 denitrification

翻訳|denitrification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土壌中にある窒素化合物硝酸または亜硝酸を経て生化学的還元作用窒素分子または窒素酸化物として大気中に飛散すること。日本では水田においてこの現象がよくみられる。まず作土の表面の酸化的な部位で硝酸態となり,それが下の還元的な部位に移行して,脱窒菌により還元され揮散する。これを避ける一つの方法として全層施肥が行われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

土壌中で微生物の作用により硝酸塩が遊離窒素または一酸化二窒素になって空気中へ失われること。多くの嫌気(けんき)性菌や無機栄養細菌にこの作用がある。水田で窒素肥料(硝酸塩)の肥効が少ないのは脱窒作用によるもので,畑でも雨水などが停滞すると脱窒による窒素の損失が起こる。
→関連項目全層施肥

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

脱窒素作用ともいう。一般には土壌に存在するバクテリア(脱窒菌)の働きで主として硝酸態窒素NO3が窒素ガスN2もしくは酸化窒素N2Oの形に還元されて大気中に土壌からガス状で揮散する現象をいう。ごくわずかな量の脱窒はどのような土壌でも生じているといわれているが,大量の脱窒が発生するには,土壌中の酸素が少なくなり土壌が還元的な条件になること,同時に土壌中に酸素の多い酸化的場所ができ,硝酸態窒素が存在するか,または硝酸が生成する条件があること,脱窒菌が存在することの3条件が必要となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

一般に、硝酸イオンが生物の作用によって還元されて、窒素に変わること。通常、土壌中の硝酸イオンが土壌微生物によって還元されて窒素に変わり、土壌中から失われること。脱窒素作用。
石油精製で留分から窒素分を除去すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

化学辞典 第2版の解説

】脱窒素作用ともいう.硝酸イオンや亜硝酸イオンを分子状窒素にまで還元する生物反応の過程をいう.通常,土壌微生物の作用で嫌気的条件下で行われる.好気的生物が呼吸の最終電子受容体として酸素を利用するのに対し,脱窒を行う生物は硝酸あるいは亜硝酸を利用し,窒素分子にまで還元する.その機構は十分解明されていないが,その大略は図のとおりである.

脱窒は硝酸呼吸の一部である.土壌中で起こるこの過程は,植物の窒素源の確保にとって大きな損失である.【】石油精製において,石油留分から窒素分を除去すること.水素化精製で脱硫と同時に起こる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の脱窒の言及

【窒素代謝】より

…その際のNO3の還元の度合は細菌の種類により異なり,NO2,N2,またはNH3まで還元するものがある。N2まで還元される場合は,特に脱窒素作用または脱窒denitrificationと呼ばれる。脱窒の場合には,N2のほかにN2O,NOが副次的に形成されることがある。…

【窒素代謝】より

…その際のNO3の還元の度合は細菌の種類により異なり,NO2,N2,またはNH3まで還元するものがある。N2まで還元される場合は,特に脱窒素作用または脱窒denitrificationと呼ばれる。脱窒の場合には,N2のほかにN2O,NOが副次的に形成されることがある。…

※「脱窒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android