浄瑠璃物(読み)じょうるりもの

世界大百科事典 第2版の解説

じょうるりもの【浄瑠璃物】

歌舞伎狂言の類別をあらわす用語で,広義には浄瑠璃によって演ぜられる演目をいう。その意味で人形浄瑠璃から移入した義太夫狂言はこれに含まれる。しかし普通には歌舞伎舞踊の類別用語として,長唄伴奏音楽とした長唄物に対し,浄瑠璃を伴奏とするものの総称として用いる。義太夫節をはじめ,豊後節系の富本常磐津清元新内や,一中,河東等による舞踊がそれである。宝暦期(1751‐64)から盛んになったが,これらは長唄物に比べて,物語性の多い劇的な内容をもち,かつ舞踊がこれまで女方本位だったものから,立役,敵役まで広げられたため,大いに歓迎された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android