浄瑠璃物(読み)じょうるりもの

世界大百科事典 第2版の解説

じょうるりもの【浄瑠璃物】

歌舞伎狂言の類別をあらわす用語で,広義には浄瑠璃によって演ぜられる演目をいう。その意味で人形浄瑠璃から移入した義太夫狂言はこれに含まれる。しかし普通には歌舞伎舞踊の類別用語として,長唄を伴奏音楽とした長唄物に対し,浄瑠璃を伴奏とするものの総称として用いる。義太夫節をはじめ,豊後節系の富本常磐津清元,新内や,一中,河東等による舞踊がそれである。宝暦期(1751‐64)から盛んになったが,これらは長唄物に比べて,物語性の多い的な内容をもち,かつ舞踊がこれまで女方本位だったものから,立役,敵役まで広げられたため,大いに歓迎された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうるり‐もの ジャウルリ‥【浄瑠璃物】

〘名〙 歌舞伎で、浄瑠璃を用いて演ずる劇。広義には義太夫狂言をも含むが、普通には、諸浄瑠璃を地として演ずる所作事の総称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android