コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄瑠璃物 じょうるりもの

世界大百科事典 第2版の解説

じょうるりもの【浄瑠璃物】

歌舞伎狂言の類別をあらわす用語で,広義には浄瑠璃によって演ぜられる演目をいう。その意味で人形浄瑠璃から移入した義太夫狂言はこれに含まれる。しかし普通には歌舞伎舞踊の類別用語として,長唄伴奏音楽とした長唄物に対し,浄瑠璃を伴奏とするものの総称として用いる。義太夫節をはじめ,豊後節系の富本常磐津清元新内や,一中,河東等による舞踊がそれである。宝暦期(1751‐64)から盛んになったが,これらは長唄物に比べて,物語性の多い劇的な内容をもち,かつ舞踊がこれまで女方本位だったものから,立役,敵役まで広げられたため,大いに歓迎された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

浄瑠璃物の関連キーワード竹本 住太夫(6代目)浄瑠璃十二段歌舞伎狂言十二段草子うたいもの富山 清翁萩原 正吟上原真佐喜源氏十二段浄瑠璃供養浄瑠璃姫富崎春昇金売吉次小野お通竹生島物御伽草子日本舞踊古浄瑠璃小野通女繁太夫節

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android