コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄瑠璃物 じょうるりもの

1件 の用語解説(浄瑠璃物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうるりもの【浄瑠璃物】

歌舞伎狂言の類別をあらわす用語で,広義には浄瑠璃によって演ぜられる演目をいう。その意味で人形浄瑠璃から移入した義太夫狂言はこれに含まれる。しかし普通には歌舞伎舞踊の類別用語として,長唄を伴奏音楽とした長唄物に対し,浄瑠璃を伴奏とするものの総称として用いる。義太夫節をはじめ,豊後節系の富本,常磐津,清元,新内や,一中,河東等による舞踊がそれである。宝暦期(1751‐64)から盛んになったが,これらは長唄物に比べて,物語性の多い劇的な内容をもち,かつ舞踊がこれまで女方本位だったものから,立役,敵役まで広げられたため,大いに歓迎された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浄瑠璃物の関連キーワード狂言本絵入り狂言本江戸狂言書替狂言歌舞伎狂言上方狂言島原狂言離れ狂言前狂言続狂言

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浄瑠璃物の関連情報