コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅井十三郎 あさい じゅうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅井十三郎 あさい-じゅうざぶろう

1908-1956 昭和時代の詩人。
明治41年10月28日生まれ。官吏,新聞記者,工場労働者など転職をかさねながらプロレタリア文学運動や農民運動にくわわる。昭和14年「詩と詩人」を,21年「現代詩」を創刊した。昭和31年10月24日死去。47歳。新潟県出身。逓信講習所卒。本名は関矢与三郎。詩集に「断層」「火刑台の眼」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

浅井十三郎の関連キーワード杉浦 伊作昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android