コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅田一鳥 あさだいっちょう

3件 の用語解説(浅田一鳥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅田一鳥
あさだいっちょう

江戸時代中期の浄瑠璃作者。寛保1 (1741) ~明和4 (67) 年豊竹座の作者の一人として,『播州皿屋舗 (ばんしゅうさらやしき) 』などの合作・増補にたずさわった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅田一鳥 あさだ-いっちょう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
寛保(かんぽう)元-明和4年(1741-67)大坂豊竹座の作者として活躍。前身は京都の浄瑠璃太夫森野長三郎。並木宗輔,並木丈輔,若竹東工郎(とうくろう)らとの合作で四十余編の作品をかいた。代表作に「播州皿屋鋪」「玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

浅田一鳥

没年:安永9.10.20以前(1780.11.16)
生年:生年不詳
江戸中期,上方の浄瑠璃作者。豊竹座の作者として寛保1(1741)年から明和4(1767)年の26年間に計42編の合作または増補にたずさわったが,単独作はない。京都堺町に住んだ謡師森野長三郎の筆名であったと伝える。それ以外の出自,経歴はいっさい分からない。なお元文年間(1736~41)に文耕堂,三好松洛 らと共に竹本座の浄瑠璃3作にかかわった浅田可啓とは同一人の可能性も考えられる。関与作で現在も上演されるものに,「一谷嫩軍記」「祇園祭礼信仰記」「岸姫松轡鑑」などがある。<参考文献>入我亭我入『戯財録』(日本思想大系61巻),『義太夫年表/近世篇1』,国立劇場芸能調査室編『浄瑠璃作品要説(6) 為永太郎兵衛浅田一鳥篇』

(井口洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浅田一鳥の言及

【一谷嫩軍記】より

…1751年(宝暦1)12月大坂豊竹座初演。並木宗輔,浅田一鳥,浪岡鯨児,並木正三らの合作。宗輔が三段目までを書き,没後に浅田らが完成したと伝えられる。…

【勢州阿漕浦】より

…次郎蔵を3世中村歌右衛門,平次を2世嵐璃寛,平次母を7世片岡仁左衛門。《田村麿鈴鹿合戦》の作者は浅田一鳥,豊田正蔵であるが,この四段目の作者も同一か。題材は〈逢ふ事も阿漕が浦に引く網もかず重ならば人も知りなむ〉(《古今六帖》)に禁漁伝説をからませた謡曲《阿漕》が古浄瑠璃《あこぎの平次》となり,この系統から本作となる。…

【玉藻前曦袂】より

…角書〈那須野狩人那須野猟師〉。浪岡橘平,浅田一鳥,安田蛙桂作。1751年(宝暦1)正月大坂豊竹座初演。…

【倭仮名在原系図】より

…5段。浅田一鳥,浪岡鯨児,並木素柳らの合作。1752年(宝暦2)12月大坂豊竹座初演。…

※「浅田一鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浅田一鳥の関連キーワード小川半平七才子戸川不琳豊岡珍平豊竹応律中邑阿契難波三蔵浪岡鯨児並木丈輔並木良輔

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone